仕事の合間に運動を取り入れよう

女性にとって痩せたいという願望は強いものであり、それは看護師であっても違いはありません。しかし、特に看護師は痩せたいと思ってもなかなか時間が取れない現場が多いのが事実です。あまり食事を減らして仕事をしていると疲れを溜めてしまうことになってしまい、休日にダイエットをすると翌日からの勤務に支障が出てしまうことが考えられるからです。そのような状況でもストレスからくる食べ過ぎや運動不足によって太り気味になってしまう場合が多々あり、なんとかして痩せたいと考える看護師は大勢います。

そのため、職場によっては仕事の合間にできるダイエットが流行していることもしばしばあります。まとまった時間は取れなくても少しずつ消費カロリーの多いことをしていれば痩せられるというのが基本的な考え方であり、医療をよく理解しているからこそ実践する気力が湧いてくるのでしょう。デスクに座っている間に足の上げ下げをしたり、握力トレーニングボールを握ったりする人もいます。また、廊下を歩く際につま先立ちで歩いたり、両手をねじったり、ドローインを行ったりするのもよく行われているものです。待ち時間の間に背伸びをしたり、片足スクワットをしたりするのも効果的な方法として行われています。このような形で仕事の合間を縫って少しずつダイエットをするのが忙しい職場で働く看護師にとって有用な方法です。小さな動作でも、ずっと続けていれば無意識にできるようになります。痩せたいのであれば、運動を習慣化させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です